久米地域福祉センター

事業内容

地域にお住まいの障がいのある方や障がいのある児童、そのご家族に対して、生活の中での困り事や障がい福祉サービスの利用などについて専門の相談員(相談支援専門員)がご相談をお受けします。また、関係機関と連携しながら、安心してその人らしい生活が送れるように一緒に考えていきます。

施設概要

経営主体社会福祉法人久米福祉会
施設名称久米地域生活支援センター
事業種類一般相談支援事業特定相談支援事業
障がい児童相談支援事業
開  設平成26年4月1日
住  所〒709-3717
岡山県久米郡美咲町原田246-1
電話番号0868-66-2833
FAX番号0868-66-2811
メールアドレスcenter@kumefukusi.or.jp
久米地域生活支援センター

当センターで行う主な相談支援業務

「指定特定相談支援事業・指定障がい児相談支援事業」
障がいのある方や障がいのある児童が、障がい福祉サービスや障がい児通所支援(児童発達支援や放課後デイサービス等)を利用する前に、利用計画(サービス等利用計画や障がい児支援利用計画)を作成し、一定期間ごとに評価と見直し(モニタリング)を行う等の支援を行います。

「指定一般相談事業」
障がい者支援施設等に入所している方や精神科病院に入院している方が、地域生活へ移行するための支援や、居宅において一人暮らしをしている方等の夜間や緊急時等における支援を行います。


サービス等利用計画・障がい児支援利用計画

障がい者総合支援法において、福祉サービスを利用するために必要なものです。面接や家庭訪問により、ご本人・ご家族の望まれる生活のイメージをもとにして、福祉や医療など地域で生活していく上で必要なサービスを活用して、その人らしい生活が送れるように計画するものです。

「モニタリングとは?」
サービス等利用計画を作成した後は、福祉や医療等のサービス提供の状況や、ご本人の課題に対しての取り組みや現状などを定期的に確認し、必要に応じて計画の変更などを行うものです。


体制整備加算に関する事項

「行動障害支援体制加算」
行動障害のある方々に対して適切な計画支援等を実施するために、「強度行動障害支援者養成研修」を修了し、専門的な知識及び支援技術を持つ相談支援専門員を平成30年5月1日から当事業所に配置しております。

・氏 名  大寺 礼香(おおてら あやか)
・研修名  平成29年度岡山県強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)

「要医療児者支援体制加算」
医療的ケアを要する児童や障害者に対して適切な計画相談支援等を実施するために、「医療的ケア児等コーディネーター養成研修」を修了し、専門的な知識及び支援技術を持つ相談支援専門員を当事業所に配置しております。

・氏 名  丸山 秀樹(まるやま ひでき)
・研修名  平成30年度岡山県医療的ケア児等コーディネーター養成研修

・氏 名  大寺 礼香(おおてら あやか)
・研修名  平成30年度岡山県医療的ケア児等コーディネーター養成研修

「精神障害者支援体制加算」
精神障害者等に対して、適切な計画相談支援を実施するために、障害特性及びこれに応じた支援技法等に関する研修を修了した常勤の相談支援専門員を配置し、精神障害者等へ適切に対応できる体制を整備しております。

・氏 名  大寺 礼香(おおてら あやか)
・研修名  精神障害者等の障害特性及びこれに応じた支援技法等に関する研修